HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FX初心者が知るべき超基礎 > スプレッド…1pips=1銭じゃない場合?

スプレッド…1pips=1銭じゃない場合?

前回の記事を書いている最後で、GMOクリック証券のサイトにある、
「原則固定スプレッドと取引手数料」という表のキャプチャを載せたときに、
ちょっとFX人柱的に疑問に思っていたことが解決しそうなので、今日はその話題で。

1pipsなんて単位使わないで1銭でいいじゃん!の間違い

1pipsが1銭と決まってるなら、1銭って表記すればいいのに。
現にGMOクリック証券のサイト見てもそうなってるジャン。

GMOクリック証券の原則固定スプレッドと取引手数料

なーんて感じで表を見ていたら、あれれ?
赤線で囲った部分は銭表記じゃないんですね。

そんで色々したべて見たら、こんな文章をみつけました。

FXは円だけを使った取引ではありません。外国の通貨同士の取引だってあります。なので、円で統一する事は不可能なんです。ユーロ/ドルだと1pipsが0.0001ドルですし、ドル/スイスフランになると1pipsが0.001スイスフランとなります。

そっか。FXで取引される通貨は、なにも円だけじゃないもんな…、
とちょっと納得したんだけど、でも一応円(銭)換算はできるよね?多分…。

米ドル/円 80 の為替レートだと仮定して、
0.0001ドルってのはつまり、0.008円だから0.8銭(0.8pips)

スイスフラン/円 90 の為替レートだと仮定して、
0.001スイスフランってのは、0.09円だから9銭(9pips)

んん~…なんかこんがらがってきた。

…。

…。

あっ!そっか。

こんな計算意味ないんだ!

だって、外貨/外貨の為替レート上でのpipsを銭に換算したって、
換算に使ってる為替レートは外貨/円だもんね!

これ、自力で辿り着いた答えなんだけど、
きっと合ってるよね?

あーー!誰かに質問してみたい。
ちょっと誰かに質問メール送ってみようかな?

pipsのことはまだまだ理解が足りないので、
あきらめないでもう少し情報を集めてみたいと思います。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ