HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FX初心者が知るべき超基礎 > レバレッジはリスクが高い、という表現は誤解を生む

レバレッジはリスクが高い、という表現は誤解を生む

FX人柱が日記を始めた初心者の頃(今でも初心者ですが)、
レバレッジとはなにか?という記事の中で、

レバレッジはハイリスクという内容の記事を書きました。

しかし、この表現と言いますか、この切り口での書き方だと

『誤解招くのでは?』

と、実際のデモトレードをして思ったのです。
今日はその理由を書いてみようと思います。

FXのレバレッジとはリスクなのか?

レバレッジとはなにか?という記事の中で、
FX人柱は書いた内容の通りにFXのレバレッジを認識しました。

しかし、実際にデモトレードをしてみると、

①証拠金を幾らを元にして
②ドルを幾ら欲しいから
③レバレッジを幾ら掛けて買いました

という操作では無く、

①ドルを幾ら買いました
②証拠金残高に対してレバレッジは○○倍でした

という流れなんです。
つまり、操作としてはまず、

レバレッジはリスクが高い?

何ドル買いますか?という基準で買うのです。
そして、買った後に、じゃあレバレッジは幾らですよー。

と、結果として表示されるだけなんです。

その流れでレバレッジを考えてみると…?

最初にロットについて復習しておきます。
ロットとは最小取引単位の別称です。

1万通貨が最小取引単位という場合、1ロット=10,000通貨ですし、
10ロット=100,000通貨です。

今回、ロットがこの話の肝になるのでちょっとおさらいしてみました。

話を続けます。

例えば、FX人柱さんと株男(かぶお)さんが居たとします。

2人とも1ドル125円の時に、1万通貨単位で1ロット購入(10,000ドル)し、
あらまあ予想が外れ、1ドル124円で売ったとします。

ただしこの時、FX人柱さんはレバレッジ25倍
株男さんは1倍というようにチャートの「口座内容照会画面」に表示されていました。

言い換えると、

FX人柱さんの証拠金は5万
株男さんの証拠金は125万

であった、ということですね。

2人の損失はいくら?

実際の損失はいくらか?計算しますと、

FX人柱さんの損益 …(125円-124円)× 10,000ドル = 1,000円の負け
株男さんの損益 …(125円-124円)× 10,000ドル = 1,000円の負け

となり、
2人とも1,000円の損失で同じです。

あれ?

ということは、この話の切り口では、

レバレッジが1倍でも25倍でも損益は変わらない

ということですね。
レバレッジがハイリスクという話はどこへやら?
ということなんです。

さらに言えば、

貧乏のFX人柱さんは5万円しかなかったんです…。
でも125万円もある、お金持ちの株男さんと同等の取引ができたんだから、

『レバレッジはメリットしかないんじゃね?』

と思いますよね。

これはある意味正しいです。

でも、どうして日記を始めた頃のFX人柱をはじめ、
数多のホームページで『高レバレッジ=高リスク!』
と書かれているのでしょうか? 

これは半分間違いで半分当たりだと、FX人柱は思います。

レバレッジの説明の仕方に違いがある

まずひとつ目の理由として「説明の切り口」があります。

これはFX人柱が書いた、 レバレッジとはなにか?と、
上の文章を読み比べてもらうと分かるのですが、

話の仕方に違いがあるのです。

最初の日記では、証拠金にレバレッジ○倍を掛けていくらドルを買うか?
今回の日記では、購入するドルは幾らにしようか?それってレバレッジ○倍だよね?

という違いがあるのです。

そして、実際の取引する操作、考え方基準で言うと、
後者(今回)の説明の方が正しいと言いますか、正しい表現なのです。

なぜなら、実際に取引画面では、

ロットで注文するからなんです!

さっきの画面を出します。

レバレッジはリスクが高い?

この画面で見ると、どこにも「レバレッジ何倍かけますか?」
的な操作画面はないですよね?

レバレッジが高リスクと言われる本当の理由

ここま読んだ方はもう分かったかもしれませんが、
ここでもう一度2人に登場してもらいます。

今度は使えるお金基準で取引をしてみます。
どちらも125万円の証拠金を全額使っての取引です。

レバレッジが25倍だったFX人柱さん
レバレッジが1倍だった株男さん

レバレッジはさっきと一緒にしてもらいましょう。FX人柱さん25倍、株男さん1倍。
レートの流れも先ほどと同じ、1ドル125円 → 124円の流れです。
10,000ドルの購入ですね。

この時、

FX人柱さんは?

5万円で1ロット購入できた!残り120万円もあるから、
あと24ロット分購入できるじゃん!計25ロットとなります。

株男さんは?

1ロット購入でおしまい。

となりますよね?

つまり、何が言いたいのか?と言えば、
レバレッジの倍率が高い=リスクが高いではなくて、単純に、

レバレッジの倍率が高い=取引できるロット数が増える

ということなんです。

レバレッジそのものが高リスクじゃないけど

話の切り口として、
実際の取引のやり方(操作方法)基準で考えれば、

レバレッジ=高リスクというのは間違い

だということが分かりました。
実際に、そういう話をしているブログやサイトもありました。

しかし!

FX人柱的には、どっちも当たってると思います。

つまり、さっきも説明したように、
レバレッジの倍率が高い=取引できるロット数が増える

ということは、それだけロット数を保有できるということであって、
それは即ちリスクの拡大だからです。

ロット数を多く保有できる仕組みの根源にレバレッジがある以上、
レバレッジ=高リスク!と説明するのは間違いではないと思います。

その方が初心者には分かりやすいというのもあると思います。

ということで、
今回はデモトレードをしていて思いついた些細なことを書いてみました。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ