HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FX初心者が知るべき超基礎 > レバレッジをかけたときのお金は誰が貸してくれる?

レバレッジをかけたときのお金は誰が貸してくれる?

前回の記事で、FXではレバレッジをかけれるって分かったけど、
そのレバレッジ分のお金って一体誰が貸してくれるんだろう?

なーんて思っちゃったので、少し調べてみました。

例えば、

・為替レートが1ドル=100円の状態
・勝負金(証拠金)10万円があって全額ドルを買う!
・1万ドル買う(レバレッジ10倍)

ってなった時、100万円必要でしょ?

だから足りない分の90万円を、
誰かに借りなくちゃなりませんよね?

銀行?FX業者?

…。

色々調べた結果面白い事実というか、きっと為替取引とかやっている人には
当たり前なのかもしれませんが、

FX人柱的には『へぇ~!そうなんだ!お金って面白いな~。』

って思ったことなので、声を大にして言います。

レバレッジ分の証拠金は、
誰かが貸してくれているということでは無いんです。

レバレッジのお金は、見せ金みたいなもん

FXは差金決済なので決済した時に、
その儲け分のお金が貰える(もちろん損したら取られる)から、

例えばFX人柱が、
100万円を使って取引して110万円になったら、

儲けは10万円ですよね?

だから実際に儲けとして手に入る10万円さえあればつじつまがあうから、
10万円の現金があればいいってことになります。

わざわざ100万円だの110万円だのといった現物の大金お札が動くが実際に動くワケじゃなくて、
存在しないお金を、あるように見せて取引している
ワケです。

でも、数字上でお金としてはちゃんと存在しているので、
実際に買った!負けた!って時の儲けや損になった時の差額は、

ただの「数字(お金としての)」→「現実」のお金として存在し出すんです!

なんか面白いですね、お金って。摩訶不思議。

だから、最初の証拠金10万というのは、
FXでレバレッジするために必要な担保のお金、
ということになるんですね。

この10万預けるから、その代わりに100万ってお金動かしていい?
ってことです。

これがレバレッジの正体なんです。
そう考えると、なんだか自分のお金じゃないような気がして、
危機感が薄れたり、ゲーム感覚になってしまいそう…。

…。…はっ!?

これがFXの恐怖の一つなのかもしれません…。

だから心構えとしては、
『実際に銀行とか、FX業者とか、街金とかからお金を借りて取引してるんだ…!』

位の謙虚な姿勢で望むのが良さそうです。

ここまで自分なりにまとめましたが、概ね当たってると思います。
じゃあそこで一つの疑問が出てきたのですが、

数字上とはいえ、実際にお金を借りている形になるのだから、
金利(利子)が付くよな~…やっぱし。』
と思いました。鋭い自分。

んで、実はこの続きが、次にまとめる記事、
スワップポイント・スワップ金利ってなに?
に繋がるワケなんです。

う~ん、美しい流れ。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ