HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FX初心者が知るべき超基礎 > ストップオーダーとは?リミットオーダーとは?

ストップオーダーとは?リミットオーダーとは?

前回、成行注文と指値注文について理解し、
リミットオーダーとは指値注文だということは分かりました。
今回は指値注文の逆の意味で使われるストップオーダーについてです。

ストップオーダーとは?

ストップオーダーとは逆指値注文とも呼ばれ、

損失を限定するためにあらかじめ出しておく注文

のことを言います。

例えば、売りポジションを持っているときに、
『この価格より上がったらシャレにならんから買い戻そう。』

もしくは、買いポジションを持っているときに、
『この金額より下がったらシャレにならんから売ろう。』

というように、

『これ以上損をしたくない!ストップ!』

というラインを決めておくことなのです。

ストップオーダーはエントリー時に入れて動かさない!

これは、色々なサイトで言われていることなのですが、

ストップオーダーはエントリーと同時に入れておき、
決して動かさないのがFXで勝つコツ

だそうです。

ストップオーダーは、最初『この値段で損切りします!』
と設定した後にも、動かせるようです。

人間の心理として、ストップオーダーで損失が確定した後に、
相場が大きく回復したら、

『あ~あ、もったいない!』

と思いますよね?FX人柱も書きながらそう思います。

しかし!

逆のパターンもあることを忘れてはいけないのです!
さらに損失が拡大していた可能性もあるんです。

ここに目を向けられず、自分の感情に押し流されてしまう人は、
たいがいFXで失敗するそうです。

勝ち組さん達が言っていることは良く分かりますが、
自分の感情をコントロールするのは本当に難しいですよね…。

でもFX人柱は絶対にFXで儲けたいので、
冷静に感情をコントロールできるよう頑張りたいと思います!

それと、ストップオーダーを動かさないという鉄の掟を作ると、
ストップに掛からないタイミングを見極める能力が養われるので、

エントリーと同時にストップを必ず入れ、
そして動かさないようにしたいですね。

よし!これは2個目の鉄の掟にしよう!

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ