HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > 色々な種類のローソク足の呼び方と見方…その他

色々な種類のローソク足の呼び方と見方…その他

前回、前々回とローソク足の種類について調べていますが、
今回はその第三弾です。とりあず今回でローソク足三部作は完結を迎えます。

陽線でも陰線でもないローソク足

トンボ トンボ

ちょうど、グランドを整備するトンボに似ていることからそう呼ばれています。

胴体部分がないということは、始値と終値が同じレートだったことを意味します。
そして上ヒゲが無いので、始値が高値、終値が高値、ということです。

つまり、

始値 = 終値 = 高値

です。

動きとしては、あるレートから始まって一旦大きく下落した後に、
元のレートまで回復して終わる、という感じです。

カラカサとほぼ同じ動きです。
読み方もほとんど同じで、

底値圏でトンボが出現すれば、上昇相場に反転する可能性

と言えます。

トウバ トウバ

お墓に立ってる板塔婆のように見えることからトウバというそうです。
う~ん他の例えもあっただろうに…。

トウバはトンボと同じで、売りと買いが拮抗している線です。

始値から買いの勢いが強く上昇したけど、売り戻しの勢いも強く、
結果、始値と終値がほぼ同じで終了した事を表すローソク足です。 

トンボとは反対の読み方をします。

高値圏でトウバが出現すれば、下落相場に反転する可能性

と言えます。

十字線 十字架(じゅうじか)

始値と終値が同じで、胴体が無いローソク足です。

判断としては転換期となります。

つまり、
上昇の時に十字架が出てきた場合は下降に入ろうとしている
下降の時に十字架が出てきた場合は上昇に入ろうとしている

という可能性があります。
この次に現れるローソク足を良く見て判断する必要がありそうです。

以上、ザックリではありますが、
ローソク足について調べてみました。

ただ、FX人柱的にまだ全然頭の中に入ってこないので、
色々な切り口からローソク足を語りたいと思います。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ