HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > 色々な種類のローソク足の呼び方と見方…陽線編

色々な種類のローソク足の呼び方と見方…陽線編

何個か前のコノ日記で、ローソク足についてチョロっと触れた矢先に、
安値圏だの高値圏だの投資スタイルだのトレンドだのを把握しておく必要性にかられ、
それらを一旦勉強してきました。

んで、いよいよ今回はローソク足の主な種類と読み方です。
ここまでの事が分かった上でローソク足の読み方を勉強した方が理解が深まるでしょう!
おそらく。

基本的な「陽」のローソク足

陽の丸坊主 陽の丸坊主(ようのまるぼうず)

ヒゲがまったくないということは、始値=安値、終値=高値を表しています。
買いの勢いが一本調子ということ。

さらに、胴体が長いほど勢いがあります。

胴体の長い陽の丸坊主が出現したときは、
ロングのエントリーをするのが基本です。

特に、相場の水準がかなり下がった後に、
この陽の丸坊主が出ればロングでかなり鉄板
だそう。

結構手がたく儲けられそうだな…。陽の丸坊主、要チェック!陽の丸坊主はお金の臭い!

陽の寄付坊主 陽の寄付坊主(ようのよりつきぼうず)

始値と安値が同じになっています。
寄付とは始値のことです。

始値と安値が同じということは、始値からずっと上昇してその後少し下げた、
という風に読み取れます。

下げた途中で終わってはいますが、一気に上がるだけの材料があった
ということなので、その余力でまだ上昇する可能性はあります。

「やや強気」という感じで一般的には浸透しています。

陽の大引坊主 陽の大引坊主(ようのおおびけぼうず)

下にヒゲ(下影)があって、高値と終値が同じです。

始値から下げたけれど、そこから戻して大きく上げて終わったことを表しています。
意味としては「かなり強気」強い上昇傾向。

陽のカラカサ 陽のカラカサ(ようのからかさ)

長い下ヒゲの上に陽線の胴体が乗っているカタチ。
見た目の通り「傘」に似ているのでそう呼ばれます。

相場の動きとしては、始値からいったん大きく下がった後に、
ギャン!と戻して、なおかつ始値より終値の方が高い状態で終わっています。

これは、これから上昇するぞ!
というタイミングで終値になったという判断ができるので、

下降していた相場が反転し、上昇したサイン
になります。これは買いですね。

ただし!相場が上昇している途中で出現したときは要注意!
一旦勢いが止まってしまったかもしれません。

陽のトンカチ 陽のトンカチ(ようのとんかち)

トンカチは上のカラカサとは逆。
長いヒゲの下に短い胴体が。別名「首吊り線」とも…。ガクブル…。

相場の上昇が続いた後に陽のトンカチが出た場合、
相場が反転する可能性があります。

上ヒゲが長ければ長いほどその可能性は高いです。

高値圏で陽のトンカチが出た場合は、売りのシグナル
だと言えます。

 陽のコマ 陽のコマ(ようのこま)

胴体もヒゲも短く、コマみたなカタチなのでそのままコマと呼びます。

相場しては、始値と終値がほぼ同じ、
しかも価格の上下もあまり動かなかった状態なので、

相場が迷っている(停滞)

と言う表現がされています。
陽のコマの場合は、

相場が迷っているけど、ちょっと買い(上昇)気配?
みたいな感じでしょうか。

ちなみに、相場というのは一時的に迷ったとしても、
必ずいつかは動くので、

いずれ上昇(買い)、下降(売り)のどちらかに振れるな!

そんな意識で見るのがベストです。

以上、陽線についての基礎的なまとめでした。
次回は陰線について。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ