HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > トレンドラインとは?正しい引き方

トレンドラインとは?正しい引き方

前の日記で支持線・抵抗線を図で表すために、
デモトレード画面で悪戦苦闘、1時間以上も頑張ってしまいました。

理由は、支持線・抵抗線を水平に引けるような相場の状況を見つけるのが、
めちゃくちゃ大変だったからです…シクシク…。

それで分かったことは、滅多に水平に引ける支持線・抵抗線なんてない、
=そんな相場の動きはしない!

こんなことが、イレギュラーで分かりました。

そこで目にとまったのがトレンドラインという用語。
調べた先のサイトだかブログでこんな内容のことが書いてありました。

支持線・抵抗線は別に水平でなければいけないという理由などありません。
上の図でも多少ローソク足がズレているように多少のズレなど誤差の範囲内ですし、
トレンドラインのような斜め線も支持線や抵抗線になるのです。

なんだそうか!

自分は水平の線じゃなきゃ支持線・抵抗線と呼べないと勘違いしていました…。
ナルホドすっきりしたところで、早速トレンドラインについて勉強していきましょう!

トレンドラインとは?

トレンドラインとは、
相場がどのような流れにあるのかを判断するための線

です。

トレンドについては、過去の日記「トレンドってなに?トレンドとは?
にまとめてあったのでちょっとおさらいしつつ。

トレンドには、上昇トレンド下降トレンド横ばいがありますが、
これらのトレンドの転換点を見極めるのに役に立つのがトレンドライン、
ってことですね。

トレンドラインの引き方

ロウソク足の下側…安値同士が2点以上接するように引く線を支持線(サポートライン)と言います。これ以上相場が下降しないように!と支えているように見える線です。 

逆にロウソク足の上側…高値同士が2点以上接するように引く線を抵抗線(レジスタンスライン)と言います。これ以上相場が上がらないように!と抵抗しているように見える線です。

上昇トレンドの場合、ロウソク足の下側が2点以上接するように支持線を引きます。これを上昇トレンドラインと言います。

下降トレンドの場合は、ロウソク足の上側が2点以上接するように抵抗線を引きます。これを下降トレンドラインといいます。

トレンドラインを引く時の心得

トレンドラインを引く時にはヒゲを無視します。
相場は24時間動いているので、ヒゲの信頼性は低いそうです。

そして、あまり正確に引こうと思わないことだそうです。

ギクリ!前回の自分ですね…これは。

トレンドラインには、これが正解という引き方はありませんが、
判断材料として使えるようなトレンドラインを引くには、

最低3~4つ以上の安値 or 高値 を結ぶと良いとされています。

多くの安値(高値)を結べるということは、
過去の相場において、そのトレンドラインが示す価格以下(または以上)には下がらない(または上がらない)という予想の信頼性が高まる、ってことですね。

という感じで、さっそく支持線(トレンドライン)を引いてみます。
まずは、上昇トレンドラインから。

上昇トレンドライン

続いて、下降トレンドライン…、

下降トレンドライン

こんな感じでOKだろう!

以上トレンドラインの引き方でした。
次回はこのトレンドラインをどう取引に活かすか?を勉強したいと思います。 

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ