HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > チャネルラインとは?

チャネルラインとは?

一昨日までトレンドラインについて色々調べてきましたが、
トレンドラインに深く関係し、売買のシグナルとして使えるチャネルラインというモノを発見したので、トレンドラインと合わせてまとめておこうと思います!

チャネルラインとは?

トレンドラインに対して平行に高値(安値)同士を結んだライン

これがチャネルラインです。

例えば上昇トレンドを形成しているローソク足の、
安値と安値を結んで引くラインは上昇トレンドラインと言いますが、

その上昇トレンドラインに平行に高値同士を線で結ぶと、
それはチャネルラインと言います。

チャネルラインは上昇する為替レートの限界線、
つまり抵抗線(レジスタンスライン)として売りの目安に使うことができます。

下降トレンドの場合は逆の話になります。

下降トレンドラインに平行して、安値同士を線で結べば、
これもチャネルラインとなります。

因みに、この2つのラインを利用して売り買いを繰り返す投資法を、
チャネルライン投資法と呼びます。

実際にチャネルラインを引いてみる

ひとつの例として、以下の図を作ってみました。

チャネルライン

下側に引いてあるのがトレンドラインで、上に引いたのがチャネルラインです。
別な言い方では、下側が支持線、上が抵抗線ですね。

トレンドラインを支持線と考えて、
相場の値段がこのラインに触れた時にトレードチャンスが生まれます。

相場が反転上昇を始める地点は「買い」の格好のポイントになりますからね。

上の図ではココ!の所になります。

具体的なエントリーのタイミングは、ローソク足がラインに触れた後に、
前日または前々日の高値を上抜く時が良いとされています。

そして、トレンドラインから反転して上昇したら、今度はチャネルラインに注目します。

このチャネルラインにローソク足が触れた時点で決済します。
上図ではココ!になります。

これは誰でも理解できると思いますが、つまり、
波のゆらゆらの上限と下限を予想して『なるべく大きく儲けよう!』という、
非常に分かりやすいトレード手法です。

簡単ですが、短期トレードの常套手段のひとつだそうです。

チャネルライン投資法の注意点

ローソク足がトレンドラインに接触した後に、
反転せずにトレンドラインを抜いてしまった場合。

それは、トレンドが変わった可能性があるので、一旦見送った方が無難です。

もう一度取引きをする場合は、
相場がトレンドライン上に戻ってきたのを確認してからにした方が良いです。 

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ