HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > スリッページとは?

スリッページとは?

いよいよデモトレードが始まり、緒戦を勝ちで終えたわけですが、
やっぱり色々なことが分かりません。

早速いつもの調査です。今日はチャート画面で見かけた、
スリッページ。これについて調べてみます。

スリッページとは?

スリッページとは、

注文を出した値段で約定しないで、
トレーダーに不利な値段にずれて約定してしまうこと

を言います。そのズレそのもののこともスリッページと言います。

例えば80.30円で買おうと思って、成行注文で買いました。
しかしその瞬間に80.31円にレートが変わってしまい、
結果、買値が80.31円になってしまいましたとさ。

こんなことです。この時の1銭がスリッページということです。

指値と成行の関係はスリッページに影響を及ぼす

例えば、現在のドル/円が90円でロングポジションを持ったとします。

その後、予想に反してレートがあれよあれよと急降下!83円を割ってきました。
そこで損失を限定しようと、泣く泣く逆指値注文を80円で入れました。

ちょっとだけ回復を期待しましたが、
そんな都合の良い話はほとんどありません。

相場はついに80円に下落…。

その時!

80円の少し上位で、大量の成行売り注文が発生しました!

レートが一気に下がります。
この時どういうことが起こるか?と言うと、

指値注文より成行注文の方が注文執行の優先度が高いので、
指値注文の約定にタイムラグが生じます。

そのため、79.95円まで成行売り注文が執行された後に、
逆指値売り注文が約定することになります。

これは、システム上仕方がないです。
常にスリッページが無しで売買するのはまず不可能だと思った方が良さそうです。

でも、このスリッページの仕組みは、
逆に儲かる場合もありますよね。

スリッページは設定できる

前回のデモトレードをしよう!の日記で紹介した↓の画面を使います。

スリッページの設定

これを使い、買いたいレートの±1pipまでは約定して良いとか、
±3pipまで約定して良い、とか自由に設定できます。

ちなみに、スリッページさせたくない!と言って0を入力し、
指定した値段以外では約定させたくないとしても、

何回か注文ボタンを押せば約定します。

実際FX人柱も、最初「売りボタン」を押してスリッページに関するメッセージが出て約定出来なかったけど、『関係ねー!』って何度かボタンおしたら約定できました。

スリッページが発生しやすい、し難いFX業者がある

スリッページが発生し難いことを「すべらない」というそうですが、
FX業者によって差があるようです。

FXオンラインジャパンというFX業者などは注文の約定能力が非常に高く、
すべらない業者として評判がイイみたいです。因みに約定率は99%だそうです!

激しい相場の元でも、狙った価格でトレードしたい方にはおすすめです。

また逆に、このスリッページという仕組みを利用し、
スリッページの値を操作して儲ける悪質詐欺FX業者もあるようなので、

くれぐれも注意が必要です! 

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ