HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > ゴールデンクロスとデッドクロスについて

ゴールデンクロスとデッドクロスについて

「鉄の掟」カテゴリー新設を挟みつつも、
これまで移動平均線、支持線・抵抗線・トレンドライン…と、
線・線・線!の話ばかりが続いています。

でもまだまだ線について勉強を続けますよ。

今回は、ゴールデンクロスデッドクロスという超有名な線の交わりの話です。
レッツゴー!

ゴールデンクロス・デッドクロスってなに?

短期の移動平均線が長期の移動平均線を、
下から上に交差して抜ける形がゴールデンクロス(GC)

反対に、

短期の移動平均線が長期の移動平均線を、
上から下に交差して抜ける形をデッドクロス(DC)

と言います。図にするとこうです。

ゴールデンクロスとデッドクロス

このゴールデンクロスとデッドクロスを使って、ある程度為替の動き、
つまり売買タイミングが分かるようです。

ゴールデンクロス 買い のシグナル
デッドクロス 売り のシグナル

となります。

なるほど、図でみるとゴールデンクロスの後は上昇トレンド、
デッドクロスの後は下降トレンドを、面白いように形成していますね。

というかこれって物事の順序で考えれば、

ゴールデンクロスやデッドクロスを形成するから、
上昇トレンドや下降トレンドを形成するんじゃなくて、

買いに傾くからゴールデンクロスを作り、
売りに傾くからデッドクロスを作る、

そういうことでしょうね。

だから現在進行形じゃない過去のデータ見れば、
かならずこうなっているでしょうね。

間違いないと思います。

「ダマシ」に気をつけろ!

FX初心者みたいな勉強したてのヒヨコは特に気を付けなければいけないんだと思いますが、
ゴールデンクロス・デッドクロスだけを闇雲に信じては痛い目に遭うそうです。

それは「ダマシ」と言うものが存在するからです。
一応読んでそのままの言葉なんですが、FX用語のひとつです…。(嫌な用語だねまったく)

ダマシは簡単に言うと、

ゴールデンクロスしたのに上がらないで下がっちゃう
デッドクロスしたのに下がらないで上がっちゃう

という予想とは逆の動きをすることです。

ゴールデンクロスが出たから『買いっしょ!』って意気揚々とポジションおっ建てたのに、
その後為替レートが下がってしまって含み損に…なんて恐ろしいことに!

まさにダマシ。

どうしてこういうことが起こるの?

それはなぜかというと、理由のひとつに、
ゴールデンクロス・デッドクロスは売買サインとして有名すぎるからだそうです。

最初に乗せたチャートを見ても、
『もうすぐクロスしそうだな~。』といのが誰も目にも明らかですよね?

ということは、こんな考えを持つ人も居るワケです。

『ふ~む。ゴールデンクロスになれば、「買い」に走る人達が沢山いるだろうな~。じゃあ為替レートは上昇するよね。』

『よし!じゃあもっと買っておけば、ゴールデンクロスが発生してから買った人達が作る上昇トレンドも相まって、もっともっと儲けられるじゃないか!?』

と、考える人達がゴールデンクロスになるに買ってくるんですね。
そうすると、その人達にとってはゴールデンクロスした直後辺りから、
既に売り場になるわけです。

ある人にとっては買い場である人にとっては売り場になってるんです。

こういう構造がダマシを発生させます。
ゴールデンクロスだけを頼りに売買するのは超デンジャー!
ってことですね。

まさに相場は人間の心理を反映してるんですね!
なんか燃えてきましたよ!

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ