HOMEFX人柱さんのFX奮闘記FXで勝つための実戦的知識 > グランビルの法則とは?

グランビルの法則とは?

おそらく今日触れる話題は、
『えっ?こんな基礎的なことにまだ触れてなかったの?』

という風に思われるかもしれません…。

がしかし!触れなければいけません。触れてコントロールせねばなりません。
ということで、グランビルの法則について触れてみたいと思います。

グランビルの法則とは?

グランビルの法則とは、

移動平均線とローソク足の推移の関係から、
相場の転換ポイントを予測する手法

です。

移動平均線を考案したと言われる、ジョセフ・グランビル大先生が提唱した法則です。
因みにグランビル先生は、アメリカのウォール街にある通信社の記者だったそうです。

ジョセフ・グランビル

とても気さくな感じの人ですね。

グランビルの法則は、8つの売買ポイントを案内してくれています。

買い4つ
売り4つ

グランビル先生の経験則から、
このような売買ポイントの出現が存在する&出現しやすいと言っているのです。

このグランビルの法則は人気の指標で、
この指標を元に売買のタイミングを図っているプロの投資家も多いようです。

グランビルの法則の売買ポイント 買い4つ

グランビルの法則

買い ①

移動平均線が下降を続けた後、今度は上向きor横ばいになりそうな状態で、
ローソク足が移動平均線を上に突き抜けた時。

買い ②

移動平均線が上昇している時に、ローソク足が移動平均線を下回り、
もう一度上に抜けた時。いわゆる押し目買いです。

買い ③

ローソク足が上向きの移動平均線の上にあり、移動平均線に向かって下降したけど、
移動平均線を下に抜けることなく、再度上昇に転じた時。これも押し目買いです。

買い ④

ローソク足が、下降をたどっている移動平均線から大きく乖離して下落した時。
これは短期的自律反発ですね。

グランビルの法則の売買ポイント 売り4つ

グランビルの法則

売り ①

移動平均線が上昇を続けた後、横ばい or 下降を描いている状態で、
ローソク足が移動平均線を下回った時。

売り ②

移動平均線が下降している時に、ローソク足が移動平均線を上回って、
もう一度下に抜けた時。戻り売り、と言います。

売り ③

ローソク足が、下降している移動平均線の下にあって、
そこから移動平均線に向かって上昇をしたが、
上に抜けることなく下降に転じた時。戻り売りです。

売り ④

ローソク足が、上昇している移動平均線から大きく乖離してしまった時。
短期的自律反発と言います。

グランビルの法則を使いこなせると勝率がグンとアップする!

『迷った時はグランビルの法則に戻れ。』
という言葉もある位なので、

相場を見定める上での基礎だと言えます。

FX人柱も実際のチャートを見てみましたが、
この売買ポイントは随所に見られます。

ただし、

移動平均線のラインは、実際のレートの動きより遅れるので、
タイムラグに注意する必要があります。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ