HOMEFX人柱さんのFX奮闘記為替と株と経済のお勉強 > 東証一部・東証二部・東証マザーズとは?

東証一部・東証二部・東証マザーズとは?

これもよく聞く用語たちです。
東証一部・東証二部・東証マザーズ。これらについて簡単にまとめてみました。

東証とは?

東証(とうしょう)とは、東京証券取引所のことです。
日本国内で一番大きな、東京にある証券取引所(株式などの売買取引を行う場所)です。
ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、と並んで、

世界三大証券取引所

のひとつになっています。
世界規模の取引所なんですね。

その東証でもさらに、上場基準の異なる、

東証一部、東証二部、東証マザーズ

というの3つの市場があるのです。

東証一部について

東証一部は、中でも上場基準が厳しく、
一握りの優良企業しか上場できません。

なので、東証一部に上場している企業の株は、
信頼性が高い銘柄だと言えるのです。

東証に上場する際には、
流通株式数、時価総額、純資産、利益、設立年数など、

様々な規定について、
ある一定の基準を満たしていることが必要となります。

その基準がとても厳しいのが東証一部なのです。

東証二部について

将来的に東証一部に上場したい企業たちは、
東証に新規上場するのですが、手順としてはまず、
東証二部に上場を申請します。

そして東京証券取引所の審査を受け合格すれは、
晴れて東証二部に上場することができます。

その後、さらに厳しい審査を通過して東証一部に上場するのです。

東証マザーズとは?

東証マザーズとは、ベンチャー企業向けの株式市場のことです。
東証一部、東証二部に比べて審査が緩いのが特徴です。

東証マザーズでは「高い成長性を有する理由」を記載した書面を提出すれば、
株式公開時に債務超過や赤字でも、幾つかのの要件を満たしていれば上場が可能です。

上場基準の厳しさで並べると、

東証一部 > 東証二部 > 東証マザーズ

となります。

企業が東証一部に上場するメリット

企業は、東証一部に上場すると沢山のメリットがあります。

第一に資金調達力がアップします。
自社の株式が東証一部という信頼度の高い市場で取引されるようになるので、
資金を調達できる力が大きくなります。

第二にブランド力が付きます。
新聞や雑誌で株価と共に会社名が掲載され、
一般人にも広くしられることになります。

株に詳しくない人でも、『東証一部って凄いんだよね?』
という位の知識はあるので。

第三に、社会的信用が高くなります。ということは、
優秀な人材が集まりやすくなるので、会社の更なる発展にも好影響です。

ただ、

上場には審査料がかり、年間上場料というのがあって、
東証一部の場合は割高です。

なので、中には東証一部の上場基準を満たしているけど、
上場していない企業も居たりするそうです。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ