HOMEFX人柱さんのFX奮闘記為替と株と経済のお勉強 > 外国為替市場とは?

外国為替市場とは?

ちょっと調べたくなったので、今回は外国為替市場について勉強しておこうと思います。

外国為替市場ってなに?

外国為替市場は色々な通貨を売買する場所なんですが、
実はどこかに建物があったりするとかじゃなくて、

インターネット上にある市場です。

子供の頃、株式関係のテレビをみてると、蟻のように人がたかって、
身振り手振りでシャカシャカ超忙しく動いている様子を結構みていたのですが、

あれが、外国為替市場じゃないみたいですね。

っと。少し調べたら、あの風景は、銀行間のドルや円の売買を仲介する外国為替ブローカー(仲介業)という人たちの仕事現場らしいです。んで、外国為替市場の一部みたいです。

まあ、この辺はここまでにして。

外国為替市場は別名インターバンク市場とも言うそうです。

外国為替市場の取引時間は?

インターネッツで調べた結果、こんな感じになってます。

外国為替市場の取引時間

つまり、24時間フル稼働なんですね。
FXのメリットとして、

『会社員や主婦の方でも空いた時間で手軽に始められる!』 

ってのはこのことだったんですね!

あともう一つ繋がったのが、よくテレビから聞こえてくる、
『今日の東京外国為替市場は…。』とか『ニューヨーク外国為替市場』と呼るのは、
この上の表の時間帯の取引のことを指して言っているんですね!

あーースッキリ!

あと、外国為替市場は土曜の朝から月曜の早朝まで「お休み」になります。
普通の会社と同じですね。

とりあえず外国為替市場についてちょと勉強できました。
また疑問が出てきたら取り上げたいと思います。

次回はまたロールオーバーの話に戻ります。

今回の「外国為替市場にはお休みがある」という事実が、
ロールオーバーの決済繰延の話と繋がったので、(前回の記事参照)
今度はスワップポイントとロールオーバーの関係について調べます!

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ