HOMEFX人柱さんのFX奮闘記為替と株と経済のお勉強 > ダウ平均株価とは?

ダウ平均株価とは?

前回、日経平均株価トピックスについて調べましが、
もういっこ気になる用語がありました。

それはダウ平均株価です。

これもよく聞きます。前回色々調べたので、
おそらくこれも株価指数だと予想はつきますが、詳しく調べてみます。

ダウ平均株価とは?

正式には、ニューヨークダウ平均株価と言って、
NYダウとか表記されてます。

ダウ・ジョーンズ社が1896年に12銘柄による平均株価として発表し、
1928年からは30銘柄になって現在に至ります。

日経平均が225銘柄や300銘柄ですから、
これまた随分少ないですよね。

アメリカには9,000以上の上場銘柄があると言われていますし。

ダウ平均株価の種類

ダウ平均株価は業種によって分かれていて、

工業株30種平均株価、輸送株20種平均株価、公共株40種平均株価、
の3種類があります。

ちなみにダウ平均株価を算出するにあたった選ぶ企業は、
30銘柄と少数ですから、これらの企業はアメリカ国内だけでなく、

世界的な優良企業&影響力大の企業たちで、
もはや神会社といえますね。

ウォルト・ディズニー、マイクロソフト、マクドナルド、IBM、インテル、ヒューレットパッカード、ボーイング…。

さっと挙げただけでも凄い企業たちばかりです。

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ