HOMEFX人柱さんのFX奮闘記テクニカル分析 > 一目均衡表の見方・使い方・分析…後編

一目均衡表の見方・使い方・分析…後編

一目均衡表の見方・使い方・分析の後編です。
前回触れなかった遅行スパンあたりを補完していこうと思います。
プラス、その他の大事なことも調べていきます。

遅行スパンを用いたトレンドの見方・使い方・分析

まずは前々回のおさらいから。

転換線(9日) 過去9日間の高値と安値の中間値
基準線 過去26日間の高値と安値の中間値
遅行スパン(26日) 当日の終値を26日前に遡って記入したもの
先行スパン1(A) 転換線と基準線の中間値を26日先に記入したもの
先行スパン2(B) 52日間の高値と安値の中間値を26日先に記入したもの

これが遅行スパンでした。図でみると、

一目均衡表

紫の線ですね。

遅行スパンを使っての売り・買いの判断

これは、

遅行スパンが26日前の為替レートよりに位置している期間を上昇トレンド期間
遅行スパンが26日前の為替レートよりに位置している期間を下降トレンド期間

と判断します。また言い方を変えれば

遅行スパンが現在の為替レートより回った場合は好転買い
遅行スパンが現在の為替レートより回った場合は逆転売り

となります。

もちろん、あくまでも目安判断材料ですよ!

三役好転と三役逆転は強い売り買いのシグナル

一目均衡表では、
強い買いのポイント・強い売りのポイントを判断できる基準があります。

それが三役好転(さんやくこうてん)・三役逆転(さんやくぎゃくてん)です。
麻雀みたいですね。3役揃えばこんな得点が付きますよ、的な感じです。

まずは以下の表を見て下さい。

組み合わせ 好転 逆転
ローソク足と雲 ローソク足が雲を
回っている
ローソク足が雲を
回っている
転換線と基準線 転換線が基準線を
回ってる
転換線が基準線を
回ってる
遅行スパンと26日前の相場 遅行スパンが26日前の相場を
回っている
遅行スパンが26日前の相場を
回っている

好転の縦の3つ、逆転の縦の3つがいわゆる役ですね。

3つの好転を満たせば三役好転で強い買い
3つの逆転を満たせば三役逆転で強い売り

このように分析することができるのです。

全ての線が重ならず上昇・下降している時を見逃すな!

一目均衡表のもうひとつのアツい見方として、
基準線、転換線、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2の、

5つの線が重なり合わないで上昇し続ける限りは相場も上昇し続ける

ということが言えます。
これは高確率の買いシグナルですね。

逆もまたしかりです。

一目均衡表まとめ

一目均衡表は、

視覚的にトレンドの判定や、
抵抗帯(線)・支持帯(線)の位置を把握できる指標

として、沢山のトレーダー好まれています。
判断材料が多く複合的に分析できるので、当たりやすいという人も居ます。

もちろん、実際に売買の判断に用いるときには一目均衡表だけじゃないですが。
是非抑えておきたいテクニカル指標ですね。

FX人柱としてもまだ理解が浅いので、
自分で何回も読み返したりさらに勉強をして、

一目均衡表マスターになりたいです!

| 本当の日記なので日付順にも読めます! |
ページの先頭へ