HOMEFX人柱さんのFX奮闘記 > テクニカル分析

移動平均乖離率とは?オシレーター系テクニカル分析

今回でオシレーター系テクニカル分析の最後になります。移動平均乖離率、という手書きでレタリングすると超シンドイ感じの指標です。

サイコロジカルラインとは?オシレーター系テクニカル分析

オシレーター系テクニカル分析の第4回、サイコロジカルラインです。名前がカッコいいっすね。

RSIとは?オシレーター系テクニカル分析

オシレーター系テクニカル指標の3回目です。今回はRSI(アールエスアイ)というヤツです。 ストキャスティクスを先に勉強したFX人柱的には、理解するだけなら超カンタンです。先にこっちを調べれば良かった。

ストキャスティクスとは?オシレーター系テクニカル分析

オシレーター系テクニカル指標の2回目です。今回は、ストキャスティクス…すときゃすてぃくす…。 舌噛みそうな名前です。STC(SToChastics)と約されたりもします。他の箇所にもSとTとCがありますが、まあどっちでも [...]

MACD(マックディー)とは?オシレーター系テクニカル分析

オシレーター系テクニカル指標の初陣はMACD(マックディー)です。オシレーター系の中でも有名なので、きっちり抑えておこうと思います。

オシレーター系テクニカル分析(指標)の種類

前回でトレンド系テクニカル指標の主なものをサラっと網羅したんですが、いや~結構つかれましたね。 と言っているのも束の間で、今日からまた結構な回数になりますが、今度はオシレーター系テクニカル分析(指標)について学びます。

ペンタゴンチャートの書き方・特徴…後編

それではっ!いよいよ!ペンタゴンチャートを書いてみます。何分情報が少ない上に、バリバリ初心者が書くので参考にならないかもしれません。 『こんな感じなんだ~。ふ~ん。』 程度に見てもらって、後は書籍とかで勉強して下さい。

ペンタゴンチャートの書き方・特徴…前編

さて、今日はペンタゴンチャートの書き方を勉強しようと、朝からペンタゴンチャートの書き方を説明しているサイトを探してみたんですが、 っない!…どこもお茶を濁してやがる…!

ペンタゴンチャートとは?トレンド系テクニカル分析

ついに今回で、トレンド系テクニカル分析の最後、ペンタゴンチャートの勉強です。 デモトレードの開始目標日から随分経っていますが、ちゃんと理解して進もうと思います。(自分に甘い)

ポイント&フィギュア(P&F)の見方・使い方・分析

さて、世間の皆々様方はゴールデンウィークの序盤戦でウキウキしていると思いますが、FX人柱は今日も今日とてFXの勉強です。 近い未来のゴールデンな日々を目指して…!

1 / 212
ページの先頭へ